ぼちぼち

ここでは、「ぼちぼち」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新しましょう、そうしましょう。

取り合えずまず一言。

先日は楽しいサプライズをありがとうございました。
びっくりとか、どっきりとか、心臓に悪いとか。
とにかく幸せ者だなと思ったわけでして。
ただ、幸せ者だなと。
こんなにも幸せでいいのかな。
私、みんなのことちゃんと幸せにしてる?
とか、ふっと・・・不安に思ったりもしたわけで。

おっと、なんかシリアスに。


とにかくありがとうございました。
みんな大好きです。

以下カイリからお借りしたスイプーの感想とか諸々。
若干ネタバレ注意だ。
ただ核心には触れないように気を付けます。
こんなにも心にぽっかりと穴が開くゲームは久しぶりです。
BLゲームではたぶん初めてなんじゃないかな。

まずはカイリが言っていた生理「お赤飯よ☆」みたいって話ですが。
そうですね、全くその通りでしたね。
ゲーム中に何度腹痛に襲われたか。
最初のうちはある意味キツかったんですけど、まぁ、馴れた。
というか、徐々になんとも言えない興奮を覚えたというのが正しいかも←
キラルマジックですね、わかります。

そして一番驚いたのが所謂ハッピーエンド的なものが無いこと。
すべての結果がどこか報われないというか。
切なくて、悲しくて。

乗り越えられないものがあること。
彼らがあまりにも非力であること。
でも、それでも、せめて人として幸せに生きて欲しいこと。

なんかねー、腐りきった頭が冷えるというか。
ある意味萌えない最後が待っている?
BLゲームで萌えないとかお前何言ってるんだって感じですね。
でも私はどうしても萌えなかったんです。
確かに萌え要素は随所にあるんですけど。
ライとアサトを足して二で割ったようなてっちゃんに終始萌えてましたよ。
でも、最後に関しては全く萌えない不思議なゲームです。
例えば他の作品だと○○EDが一番好き、超萌える!!
とか有るんだけど、この作品にはないんです。
そういうものすっとばして心がドロドロする。
色々渦巻いてどうしようもない。

と、このように跡を引きずる内容であることは間違いないです。
狗や猫に比べると圧倒的に量は少ないんですけど。
内容は・・・重い、です。

なかなか賛否両論あると思いますが、私は好きですこの作品。

そんでもって音楽が神。
ここんところは裏切りませんね。
BGMもED曲も神すぎる。
かな太郎は最高です!!

In the road yet unseen
I believe our hearts meet again
For tonight we stand under the same skies


『Miracles may』のここの部分すきですよ。
同じ空のもとにいる的な内容にこの上なく私は弱い。

明日サントラ買いに行こうと思います。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://miraclenina.blog95.fc2.com/tb.php/112-43dbb73f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。